目の酸化と光に強いルテイン

老化とともに発症する目の病気に「白内障」や「網膜剥離」がありますが、近年、「加齢性黄斑変性症」(AMD)が急増しています。

 

これは最初片方の目に発症し、ゆっくりと痛みを伴わずに進行しやがて両目に及んで最悪の場合、失明に至る病気です。

 

現在でも手術や特効薬が開発されておらず、研究段階です。
AMDは老化に伴い、ルテインが減ってくると、活性酸素が活性して黄斑部の細胞が酸化、変性をきたとして発症すると言われます。

 

このようにルテイン及びゼアキサンチンの減少が目の酸化(老化)に関与すると考えられています。

 

また白内障はレンズの役割をしている水晶体が濁って視力が低下する病気ですが、白濁の主な原因も、活性酸素によるものです。

 

その他、目の中の硝子体の部分に小さな濁りや固まりができると、蚊が飛んでいるように見える飛蚊症も活性酸素が関与していると考えられています。

 

目の中のルテインやゼアキサンチンが目の酸化を防いでくれています。

光に強いルテイン

ルテインは目の網膜の中心に集まり黄斑部を形成しています。

 

ここはものを見るのに重要な働きをするところです。

 

この部分には、ロドプシンという物質があり、光を感じるとこれが分解され、ビタミンAとなって視神経を通じて脳に伝える作用を行います。
またこれは再生されロドプシンに戻るのですが、太陽光線の内青色光線や紫外線が、目の中の活性酸素を大量に発生させて、網膜を傷つけます。

 

これが長期にわたると、網膜が変性し、黄斑変性症になると考えられています。

 

そこで、ルテインを使用する事で網膜をカバーし有害光線を吸収してくれますし、活性酸素を除去してくれるので、ロドプシンを守ることができるのです。

 

ファンケル えんきん