52歳 書類の細かい文字を読むのはちょっと

手元や文字が見えにくいと感じるのは、書類を細かい文字で書いたり読んだりする時です。

 

特に、役所などで書類を書くときに、文字を入力するスペースが狭いと読みにくく書きにくかったりします。

 

また、照明が明るくないと見えにくく感じたり、ピントが合うまでに時間がかかったりしてしまいます。

 

一応、弱い老眼が入っているメガネを愛用しているのですけど、これから先にまだ進んでしまうのかと言う不安もあるのは確かですね。

若い人でも老眼になるスマホ老眼

「スマホ老眼」という言葉を知った時、若い人でも老眼になってしまうのは、愕然としましたね。

 

老化だけが老眼の原因ではないということがある現実を知ると、やはり、私の世代になると更に注意をしなければならないと思います。

 

常時、スマホを眺めている時間が長いわけではありませんが、拡大が出来ない文章の場合には、裸眼で見るとにしています。

 

スマホをずっと見続けることはあまりないけれど、使い方には注意をしなければならないと思います。

 

「スマホ老眼」にならないようにするためにも、ゲームやSNSなどの常習性がある方は、なかなか抜けられないのではないでしょうか?

 

いつのまにか、1時間以上もの間、スマホを見ていたということもあるでしょうし、時間を決めて行う意志を持つのは難しいのではないかと思います。

 

その他、スマホだけではなくタブレット、パソコン、そばにはテレビとあるので、目を酷使していることに気づかないこともあるのではないでしょうか?

加齢黄斑変性と位wれた知人が紹介されたサプリ

目の疲れサプリや目のサポートサプリには、年齢的にも興味はあります。

 

スマホ長く使うということは私はないのですが、日中、パソコンで仕事をすることが多いので、目の疲れはよく感じます。

 

もともと、ドライアイとアレルギー性結膜炎があるので痒みや乾き、目の疲れは健康な人より症状感じやすいと思います。

 

目の疲れやサポートをしてくれるサプリでは、一時期、ルテインが配合されたものを摂取していたことがあります。

 

加齢黄斑変性と言われた知人が、眼科で紹介されたサプリなので、値段はかなり高価なものです。

 

一箱で5,000円ぐらいかかるのですが、通販サイトで購入をすれば3箱で12,000円ほどで入手できるのですが、実感ははっきりとわかる間もなく知らず知らずに止めてしまいましたので、継続できていたら効果を体感出来ていたかもしれませんね

 

。値段も結構高いものなので、それだけ効果の根拠はあるとは思います。

 

スマホ老眼や眼精疲労など様々な予防に出来れば、継続したいという気持ちはあります。

目の健康に役立つ4つの成分

目の健康に役立つ成分といえば、ブルーベリー、アントシアニン、ルテイン、アスタキサンチンが有名で耳なじみがありますね。

 

ルテインは、以前サプリで摂取していたので不足しがちな成分を補うのには必須だと思います。

 

なかなか食べ物から補うのは難しいとも言われているので、目の健康と言って真っ先に思いつくのがルテインです。

 

ブロッコリーなどの緑黄色野菜に多く含まれるとは聞いていますが、必要量が摂れる工夫は難しいですね。

 

また、ブルーベリーはあまりにも有名なので、多くの方に知れ渡っていると思います。

 

ヨーグルトに入れて食べることもありますが、なかなか食べ物だけでは補い切れないと感じますね。

 

アントシアニン、アスタキサンチンは、具体的に食べ物のイメージが浮かびません。

 

目に健康に役立つ成分として摂取をするなら、他の成分と一緒に配合されているサプリの方が、より効率よく摂れるのではないかと思います。

 

単独の成分だけではなく、全てが配合されているサプリなら理想的ですよね。

ピントが合うサプリは一度試したい

ファンケルのピント調整サプリ「えんきん」は、良く見たり聴いたりするサプリなので、興味はあります。

 

ピントが合うまでに時間がかかることは良くあります。

 

以前は、視力やピントが合うまでの時間なんてそれほど気にならなかったのに、今は、新聞の文字、本の文字、説明書の文字、テレビのテロップなどいたるところで、気になることが増えました。

 

年齢のせいだとあきらめてしまうより、ファンケルのピント調整サプリ「えんきん」なら、近くも遠くも見えやすくなる作用があるみたいなので、試してみたいものです。

 

以前、摂取していたルテインのサプリよりもずいぶん割安感があるのも魅力ですね。

 

やはり、長続きをするためにはコストが出来るだけ安いと言うのもポイントではないかと思います。

 

これからさらに目の健康を考えて行かなければならない年齢なので、ピントが合うと言う言葉にはすごく魅力を感じてしまいます。

 

見えづらいという状態ではなく、見えないと言う状態にならないためにも、必要な成分を摂りたいと思いますね。

 

ファンケル えんきん