41歳 少しでも暗いと手元はほぼピントが合いません

スマホ老眼は、スマホを見ることで目を酷使するために、目の老化現象が進んでしまうことです。

 

20代〜30代と、スマホの利用が多い年代層に多く見られる現象となっています。

 

スマホは、そもそもタブレットが小さいことから文字も小さく、しかも目から近いところで見たり操作することが多い端末です。

 

そんなことから、目はピントを合わせるための機能が酷使され、疲労が進みます。
また、スマホから発せられる強い光も目の疲労を加速させているのです。

 

強い光も目にはダメージが大きいのです。スマホを多用する人々にとって、スマホはなくてはならないものであり、日常的に使用するものです。

 

スマホを見ない日はないと言っても過言ではないのではないでしょうか。

 

毎日利用することで、毎日自分の目を酷使していることに気づいていない人が多いのです。

 

そのせいで眼の老眼が進んでしまい、気づいたら手元の文字が見づらかったり、手元にピントが合わせづらくなっています。

 

そして視界がぼやけるといった症状も出始め、老眼の現象が現れることとなるのです。

目の疲れには、食事よりもサプリメント

目の疲れを回復させたいと考えた時、目を休ませる他に、食品やサプリメントから目に良いとされる食品を摂取することを考えます。

 

目に良いとされる食品はたくさんありますが、それらを食卓で賄うのはなかなか難しいものです。

 

まずは食事で補給することを第1に考え、そして補えない成分をサプリメントで補えれば、とても効率よく摂取することができるのだと思います。

 

目に良いとされる成分、ブルーベリーに含まれるアントシアニンなどを主成分として製造されたサプリメントが、たくさん開発販売されています。

 

ブルーベリーのアントシアニンは、目に良いとされる成分で有名ですが、ブルーベリーそのものを日頃の食卓で積極的に摂取するのは少し難しいものです。

 

その他の成分についても、素材そのものから摂取することが少し難しい栄養素もあります。

 

そのようなことを考えても、サプリメントを活用するのは、とても効率よく目に良い成分を摂取する1つの方法であると思います。

目に良い成分の代表は、アントシアニン

目に良いされる成分はたくさんありますが、ブルーベリーのアントシアニンは特に目に良い成分で有名です。

 

アントシアニンには、網膜の光を伝える「ロドプシン」という物質の再合成を手助けする効果があります。

 

毛細血管の活性化を促し、疲れ目の予防や視力回復のほかに、目を保護する効果も発揮するものです。

 

ルテインは、ケールなどに含まれる成分で、網膜の保護と治癒に効果があります。

 

紫外線や青色光から網膜の酸化を防ぐ働きもあるのです。

 

アスタキサンチンは、カニやサケの魚介類がもつ赤色の色素に含まれ、抗酸化作用の効果があります。

 

活性酸素を消去し、血流をよくすることで、疲労物質の排泄も手助けしてくれる働きがあります。

 

新鮮な酸素や栄養を網膜に送り届けることができることから、眼精疲労の回復にも役立つものです。

 

目に良いとされる成分は、他にも青魚のDHAや納豆に含まれるビタミンB2などが有名です。

 

これらの成分を凝縮して作られたサプリメントは、体の中から目の疲れを改善してくれるものです。

ファンケルのえんきんは、手元のピント調節サポート

「目の疲れに良い」だとか、「スマホやパソコンで酷使している目に良い」などといった広告のサプリメントはよく目にしていました。

 

ファンケルの「えんきん」は、「手元のピント調節力」と、その効き目の効果がある機能そのものを、ピンポイントで表現しているところが、すごく共感できると感じました。

 

実際、目が疲れているなと感じるのは、手元のピント調整がうまくいかない時が多いからです。

 

目の疲れを感じるシーンや、タイミングは人それぞれですが、そこを「手元のピント調節力」と的を絞って表現しているところが、とてもわかりやすいと感じました。

 

手元が見やすくなるのなら、試してみたいなと素直に思うのです。
また、結果が分かりやすいというメリットもあると思います。

 

目に良いと言われれる代表的な成分が豊富に含まれ、日本発の機能性表示食品とされているところも、その効果を大きく期待できるところとなっています。

 

また、目が疲れている時は、肩や首筋に相当な負担がかかっています。

 

そんな肩や首筋といった、目以外の部位にまで配慮している姿勢にとても共感させられます。

 

ファンケル えんきん