42歳 疲れているときや夕方の夕暮れ時や夜、手元がちょっと

スマホは様々な情報が瞬時に検索出来たり買い物やゲーム音楽を聴いたりと、現代の生活には欠かすことのできないアイテムです。

 

依存してしまう人が続出してしまうほど魅力的であり手放せなくなってしまうので、必然的に目に負担がかかっています。

 

一点を長時間見つめているのでピント調節機能がうまく働かなくなってしまい、手元が見ずらくなったり遠くを見ると視点が合うまで時間がかかったりと様々な問題が起こるようになってしまいます。

 

私は実際に視力はとてもよかったので、視力が落ちることや老眼についてはイメージしずらいことでしたが、ここ何年かはスマホで目を酷使するようになり、視点が合いずらくなってしまったり、手元が見ずらかったり、肩こりや頭痛がするようになってしまいました。

 

これらの症状がスマホによって目を酷使したことによる症状だと気づくのに時間がかかってしまいました。

 

これ以上の進行を防ぐためになにか対策を考えなければいけないと思っています。

スマホの疲れ目でサプリを考えた

正直なところ、視力が良かったこともあり、何かの食材やサプリメントが目によい効果があるということは考えたこともありませんでした。

 

ブルーベリーや貝類、ビタミンCを多く含む食材などが目に良い食材だということは調べるうちにわかりましたが、それらを生活の中で食事のメニューに加えて効率よく取り入れていくことは大変難しいことです。

 

忙しい今の世の中でバランスよく継続的に栄養を取るのは時間的にも難しいです。

 

スマホを使用するようになって目を酷使することによって眼精疲労や肩こりや手元が見ずらいなどの症状に効果があるサプリがあることを知りました。

 

サプリなら効率よく継続して必要な栄養を摂取できますので大変便利だと思います。

 

サプリなら食事内容に左右されることもなく飲みずらさといったこともなく手軽なので継続して接種していきたいなと思いました。

 

サプリも知らべるとたくさんの種類があり、様々な成分が含まれているので自分に合ったものを見つけることが大切だと思います。

目に良い代表的な成分

目に良い栄養成分といえば、代表的なな成分はブルーベリー、アントシアニン、ルテイン、アスタキサンチンです。

 

ブルーベリーはポリフェノールの一種であるアントシアニンが豊富に含まれ、目に良い食材の代表格です。

 

ルテインといえば強い抗酸化作用を持つカロテノイドの一種で、ホウレンソウやブロッコリーに多く含まれる成分です。

 

アスタキサンチンは天然の赤い色素で、カニやサケ、エビなどに含まれるカロテノイドの一種です。

 

これらの成分は複合的に継続的に摂取することで目に良い効果を期待することが出来ますが、これだけの成分を摂取するためには多くの食材を使用しなければなりません。

 

聞いたことはあるけど実際に何の食材に含まれているかわからないという成分もあります。

 

効率よく摂取するためには食材からの摂取は不可能に近いと思います。

 

そこでサプリメントなら効率よく摂取することが可能です。

 

サプリメントなら一日に必要な量が効率よく摂取することが出来ます。

ファンケルのえんきんを飲んだ本音口コミ

近頃、手元が見ずらかったりスマホを使用した後に遠くを見ると視点が合ずらかったり小さな文字を見ずらかったり、パソコンやスマホを使用することが苦痛になってきていました。

 

何か対策をと考えたときにファンケルのピント調整サプリ「えんきん」に出会って、私が必要としている成分がすべて含まれている、こうなりたいと目指すところが同じだと思い、大変うれしくなりました。

 

肩こりや眼精疲労もひどいので、サプリを使用したいと思っていましたが、サプリも食材同様、添加物なども心配です。

 

ファンケルの「えんきん」ならすべてが天然成分使用で合成保存料や着色料、香料もしようしていないということで大変安心しました。

 

毎日必要なサプリだからこそ、成分には気を使っているものを飲みたいを思っていたので安心して飲むことが出来ました。

 

飲み始めて1週間もするとパソコンやスマホを見ることに対してストレスが軽減されました。

 

1か月経つと肩や首回りが楽になり、快調になっていることに気が付きました。

 

ファンケル えんきん