31歳 寝る前に携帯を使った時は

スマホ老眼と言うのを知って、思い当たることがありすぎて「ヤバイな」と思いました。

 

私は良く携帯小説などを読んでいるし、暇なときがあれば暇つぶしにゲームもしています。

 

そうやってスマホを使うことが多いので、目の疲れは頻繁に感じています。

 

これがスマホ老眼という事態を引き起こすとは知らなかったし、今まで手元の文字が見えにくいと感じることがあるという事態に首を傾げていました。

 

でもそれがスマホ老眼というものなんだと知り、ちょっと不安を感じています。

 

まだ30代なのにたまに携帯の文字が見えにくく感じるのはただの目の疲れと思って気にしてなかったです。

 

でもこれがやりすぎるとピントの調節ができなくなって、近くのも文字が見えにくい状態で固定されることがあると知って、少々怖くなりました。私たちから下の世代はスマホから手を離せない状態になっています。

 

これってよくないんだなと改めて思ったし、スマホ老眼には気を付けないといけないと思いました。

目の疲れサプリを試してみたい

目の疲れサプリには私もかなり興味があります。

 

仕事柄、パソコンを使う機会が多いですし、家でゴロゴロしているときはスマホから手が離せません。

 

そうやって目が疲れる行為を延々としている私にとって目の疲れを緩和させるサプリはすごく重要だと思うし、使うべきだと思うのです。

 

目の疲れを少しでも取りたいので、サプリは非常に手軽に利用できて良さげです。

 

ただ目の疲れを取るサプリは以前も使ったことがあるのですが、すぐに飲むのを忘れてしまうのですよね。

 

飽き性で持続力がない私はサプリを買ってもろくに使わず、期限が過ぎて捨ててしまうことが多いです。

 

それが勿体ないなと思うのです。

 

目の疲れを取るサプリや目をサポートするサプリを持続していくにはどうしたら一番いいのかとまずはそちらを考えたいですね。

 

私はすごく忘れっぽく、面倒くさがり屋なので、この問題を何とか解決して、目の疲れに効くサプリを持続して使いたいなと思いました。

 

またどんなに値段が高くてもいいので、しっかり効果があるものを使いたいです。

疲れ目には、ブルーベリー

疲れた目に効くものと言えば、ブルーベリーが真っ先に思い浮かびますね。

 

この手のサプリにはブルーベリーが記載しているものが多い気がします。

 

私はこのブルーベリーがどうして目に良いのかあまり良く知りませんでした。

 

でも調べてみると「なるほど」と思いましたね。

 

ブルーベリーにはアントシアニンという成分が入っているようです。

 

そしてそれには強い抗酸化作用があって、ダメージを受けやすい細胞を守ると知って、だから目に良いのかと納得しました。

 

この上目の疲れを取ってくれたり、目のピントを合わせる効果まであるらしいですよ。

 

目を守るためにはブルーベリーは重要です。

 

それにルテインは目を守る働きがあります。

 

紫外線を目に浴びたときでもルテインは紫外線から目を守ってくれます。

 

紫外線よりも目に悪いとされるブルーライトにもこの防御する働きが有効で、目をあらゆるものから守ってくれる働きがあると知って興味深々になりました。

 

アスタキサンチンも目の抗酸化作用があって、眼精徒労にイイみたいです。

 

どれもこれも目の健康のためには必要不可欠なものだなと思っています。

私の症状にピッタリのファンケルのえんきん

私の症状にぴたっと合うサプリメントはこれなんじゃないかと思いました。

 

えんきんの効果を見ると真っ先に目のピント調節ができるとあります。

 

手元の小さい文字が見えにくくなるという問題を抱えた私には一番いい効果がありそうだと思いました。

 

えんきんにはルテインやアスタキサンチン、それからブルーベリーに含まれるシアニジン-3-グルコシドと目に良いものがたくさん入っています。

 

これにもまた引き寄せられるものがありますね。

 

効果があったという口コミもたくさん見られて、これは使いたいと思いました。

 

目のピントが合わなくなって、近くの物が見えにくくなることが多い私にはこのファンケルの商品はすごく自分に合うものだと感じます。

 

これを使ったらもしかしたらスマホ老眼の症状緩和に役立つのではないかと思いました。

 

4週間ほどで目のピント調節力が回復するという臨床結果が出ているのにも注目です。

 

このように効果が出るなら持続して使い続けられそうなので、このサプリはとても利用したくなっています。

 

ファンケル えんきん