45歳 本や、新聞、最近ではスマホの文字も・・・

スマホ老眼というと老眼のせいでスマホの文字が見えにくくなるのかと思っていましたが、そうではないのだと最近知りました。

 

むしろそれとは逆で、スマホを見続けているうちにピントが合わなくなって、まるで老眼のような症状になるのだそうです。

 

これは一過性のものだとも言われているようですが、スマホを見る時間があまりにも長いとひどくなることもあるらしいです。

 

それでスマホを頻繁に利用する20代から30代が多いとのこと。

 

若くても老眼のような症状に悩まされるのは気の毒だと思います。

 

特にゲームをする人はつい熱中してスマホの画面を見続けるので要注意だと思います。

 

1時間に1回は目を休める習慣をつけることが大切なのではないでしょうか。

 

スマホは10代にも普及してきているので、症状を感じる人がますます多くなるのではないかと思います。
それに放っておくと本物の老眼になるおそれがあるのではないかと心配です。

 

スマホ老眼については知らない人も多いので、若い人たちに知識をもっと知ってもらうべきだと思います。

パソコンやスマホで目を酷使するなら

パソコンやスマホの普及で目を酷使する機会が増えてきました。

 

そのため目が疲れるという人も増えているようです。

 

目が疲れたらしばらく目を閉じて休めるとか、画面から目を離して遠くを見ることなどが効果的だといわれています。

 

でも最近は目の疲れを取るためのサプリが開発されて多くの人に愛飲されています。

 

サプリなら目によいといわれる成分がふんだんに詰まっていて、飲むだけで疲労回復できるので大助かりです。

 

実際目のサプリを飲んでいる人からは「目の疲れが早くとれるようになった」とか「文字がくっきり見えるようになった」といった意見が寄せられています。

 

実際飲んでいる人の意見を聞くと、私も飲んでみようかなと思います。

 

今はスマホを見る人が急増しているので、若い人にもおすすめしたいと思います。目のサプリは天然の成分でできているので安心して飲めると思います。

 

少しでも「文字がぼやける」とか「目がかすむ」と感じたら、年齢は関係なく飲んでみてはいかがでしょうか。

目をサポートする成分

ブルーベリーと言ったら目に良い食べ物だというイメージがあります。

 

アントシアニンという成分がこれに含まれていて、これが優れた抗酸化作用を発揮するそうです。

 

そう聞くとアンチエイジングとしても効果が高いような感じがします。

 

アントシアニンは中でも目の健康に優れた成分だそうで、目を酷使する人はぜひ摂りたい成分だと思います。

 

特にパソコンやスマホなどで慢性的な目の疲れを感じている人は摂取したいものです。

 

またルテインも積極的に取り入れたい成分です。

 

これは目の水晶体や網膜によい影響を与えるそうで、紫外線から目を守る働きがあるそうです。

 

それと同時にパソコンで心配されるブルーライトの刺激からも目を守る効果が高いとのことです。

 

それからアスタキサンチンも目も健康維持に効果が高い成分だとのことです。

 

これは特に網膜によい影響を与えるとそうです。

 

このようなことから考えると、目の健康のためにはこれら全部の成分を摂ることがよいのではないかと思います。

スマホ老眼を感じたらとるサプリ「えんきん」

えんきんは目の健康によいといわれるルテインやアスタキサンチンなどが多く含まれているので、目の健康を考える人は摂るべきサプリだと思います。

 

またDHAも含まれているので脳の健康にも作用する優れたサプリです。

 

そこで本や新聞を読んでいて文字が見にくくなったと感じたり、パソコンやスマホを見ているときに文字がぼやけたりする人は早めに飲むと効果的だと思います。

 

消費者庁による機能性表示食品ということで安心して飲めると思います。

 

それに値段が手ごろなのが嬉しいです。

 

いくら成分がよくて高い効果が期待できても、値段が高いと買うことができません。

 

その点、えんきんなら経済的で長く飲み続けることができます。

 

また飲みやすいことも魅力的です。

 

小さな粒を一日2粒飲めばいいので助かります。

 

サプリの中には一度に何粒も飲まなければならないものもあって、それだといくら効果が高くても飲み続けるのが億劫になると思います。

 

それにひきかえ、えんきんはたった2粒なので苦になりません。

 

えんきんは目の健康維持のためにぜひ飲み続けたいサプリだと思います。

 

ファンケル えんきん