42歳 スマホの画面を長時間見続けると・・・

スマホ老眼とは、スマートフォンの画面を長時間見続けることで、使いすぎにより眼球のピント調節機能が低下する現象です。

 

個人的に思うことは、大人が一人に一台スマホを保有するような現代では、近い将来疾患を抱える人口が倍増し、花粉症のように、代表的な現代病として取り上げられ、世間に浸透する日も近いということです。

 

今こうしている私自身も、スマホを利用して文章作成をしており、自分にも例外なくその症状が現れる可能性が十二分にある、とひしひしと感じていますが、あまりに早い時期にそのような症状が定着するのは想像するだけで憂鬱極まりないです。

 

慢性的な症状に悩まされる前に、そうならないための注意・工夫と、現象が現れた際の対策を考えることが必要なのではないでしょうか。

 

スマホ老眼の対策として挙げられるのは、眼の周りの筋肉を鍛えること、眼の機能を物理的に保護すること、眼の疲労を補う栄養を摂取すること、眼を十分に労わる時間を設けることかと思っています。

 

学生の頃は必要なかったけど40歳を過ぎて・・・

かなり以前、自分が学生の頃から眼のためのサプリメントが発売されていることは新聞やテレビの広告で知ってはいましたが、必要性を感じることはあまりありませんでしたし、効果があることを容易に想像できませんでした。

 

ただ、40歳を過ぎて、天気が悪い時には物の見え方がぼんやりしたり、眼球自体が疲れたと感じたり、寄る年波に立ち向かうには気合いだけでは叶わないということを日々実感しております。

 

眼の筋力を鍛えようと思いついたこともありますが、やはり、毎日こまめに眼のトレーニングを続けることはとても根気がいりますし、気持ちだけが先走るとこれもなかなかに疲れてしまいます。

 

サプリメントを飲むだけで眼に有効な成分を手軽に摂取でき、眼の疲れを補うことができるのなら、これほどいいことはないなと正直に思います。

 

特別に力を入れなくても続けられるし、眼にいいことをしていると思うと、気持ちの上でも心強いことこの上ないです。

 

私個人、ぜひ試してみたいです。

ブルーベリー、アントシアニンやルテインなどの成分がもたらす効果

ブルーベリーが眼の疲労回復に有効という情報は、かなり以前から出回っており、同時にこの成分に注目した健康食品がかなりの数が出回るようになりました。

 

ブルーベリーの中に含まれるアントシアニンという成分が眼にいいとされていますが、その正体は色素です。

 

続いて、眼に良い成分として注目されている成分がルテインとアスタキサンチン。

 

ルテインは緑黄色野菜に含まれる栄養素であるカロテノイドの一種で、簡単に言うとこれも色素です。

 

アスタキサンチンは甲殻類の甲羅に多く含まれる成分で、これも同じく天然の色素です。

 

三つの成分に共通しているのは、優れた抗酸化作用を持つということです。

 

以上の成分は、実際個々に眼の疲労や視力の回復に関する実験が数多く行われており、その成果が実証されています。

 

また、栄養素は合わせて摂取することでの相乗効果を生みますので、三つの成分を同時に摂取したときに眼の疲労や視力の回復にかなりの効果が期待できます。

手元調節サポートサプリ「えんきん」は、財布に優しい

ブルーベリーエキス(アントシアニンを含む)、ルテイン、アスタキサンチン、DHAが一粒のサプリメントに含まれた、ファンケルのピント調整サプリ「えんきん」。

 

眼に良いとされる各成分を同時に摂取することによる相乗効果で、確実に眼の疲労回復の効果が見込める商品です。

 

アントシアニン、ルテイン、アスタキサンチンは各々強力な抗酸化作用を持ち、成分を補うことで眼の老化そのものを遅らせます。

 

その結果、高齢世代における白内障、緑内障、飛蚊症、加齢黄斑変性の改善にも有効とする研究結果が出ています。

 

また、DHAは青魚の油に含まれることで有名ですが、もともと視神経に多く含まれる成分で、適量の摂取で脳の血流が良くした上で眼の情報伝達をスムーズにし、眼の働きを向上させる効果があります。

 

4つの代表的な有効成分が凝縮されたサプリメントは、30日分2160円で、使用期間が長期に渡ってもお財布に優しい価格です。

 

眼の不快な症状や機能低下にお悩みの方は、ぜひ一度試してみる価値があると思います。

 

ファンケル えんきん