40歳過ぎたら!!老眼、目のかすみ対策に

老眼目のかすみ

 

老眼、かすみ目は40歳過ぎたらすぐに対策を!
早めの対策が頭痛、肩こり、疲れを防ぎます。

 

人生の後半戦、豊かに過ごせるかどうかの別れ目です。

 

こんな症状に心あたりありませんか?

 

□ 夕方になると物が見えにくいと感じる
□ 読書が億劫になったり手元の作業に集中できない
□ 肩こり、頭痛がひどくなった
□ パソコン画面を見ていると目が疲れやすい
□ 近くを見てから遠くを見るとピンとが合いにくい
□ 小さい文字を見ると眉間にシワが寄っている
□ 大きな文字を書くようになった
□ 近視のメガネを外して文字を読むことが増えた

 

老眼鏡をかけると”老眼が加速する”は間違いです!

老眼とは、

 

ピントをあわせる調整機能が低下して近くが見えなくなる状態の事

 

多くの場合、35歳から初期の老眼が始まり、症状の差はあっても40代で老眼が全くない人はまずいません。

 

40代に入ったら、誰もが老眼の対策を早めに始める事が大切です。

 

ただ、老眼鏡をかけるのは、ちょっと・・・

 

と思う人も多いですよね。

 

老眼鏡をかけると、老眼がさらに進むのでは?

 

と思います。
でも、実はそうではありません。

 

逆に老眼を我慢することで、頭痛、肩こり、疲れ、自立神経失調症を起こし、目にもよくありません。

 

うつや認知症の進行との関連も最近は言われているぐらいです。

 

また、近視でレーシック手術をした人は、要注意!

 

一時正視になってもその後、必ず遠視(老眼)に。
レーシックの人の老眼のレンズ選びは難しく複雑です。

 

必ず眼科に行きましょう。

進化が目覚ましい遠近両用レンズ。

早くかけ始めることで人生の質が向上

 

40代からこの先、約40年生きることを考えれば、発想を変えて”老眼は目の成長過程”と思ってうまく付き合い、いかに楽しく快適に暮らすかを考えた方が良いでしょう。

 

40代以降はよく見えるより、長時間目を使っても疲れないメガネを選ぶことが大切です。

 

老眼の人は、単焦点のレンズではなく、遠近両用レンズをできるだけ早くからかけ始めることをオススメします。
近視の人も同じです。

 

ここ最近は、レンズは非常に進化していて、特に遠近両用レンズは、最新鋭の技術が詰まっています。

 

遠近両用レンズは、累進レンズ、累進屈折レンズと呼ばれるもので、昔のような遠近の境目がありません。

 

1枚のレンズのなかで徐々に度数が変化し、遠方から近方までの視力を補正することに加え、調節力の補助も加わっている優秀さ。

 

遠近両用レンズは、人と向き合うときの距離(1?1.2メートル)に最も焦点が合うメガネです。
この距離が快適に見えることがコミュニケーション力、認知力にも関わると言われています。

 

遠近用を基本にして、目的に合わせて”近近用””中近用”など、生活スタイルに合わせて複数もって使い分けてもいいでしょう。

40代~60代は視力の変化が早い世代です。

レンズは2~4年で替えて行きましょう。
最近は、コンタクトレンズの遠近両用も進化していますので、メガネと使い分けると快適さの幅が広がります。

 

行くところまでいけば老眼はストップするといいますが、進行を遅らせる方法とは?

 

体の筋肉と同じで、目の筋肉も適度に使わないと固まってしまいます。
目のアンチエイジングのためには昼間10分に1回は遠くを見ましょう。
また、目の疲れはその日のうちに解消する事も大切です。

 

寝る前に行う目のストレッチもオススメです。

 

また、毎晩お風呂に入るように、目も温めると血流がよくなり疲れが取れます。

 

<目のストレッチ>
ステップ1:寝る前に遠くを見る目のストレッチを行う

 

遠くを見るといっても、メガネなしでギリギリ、ピントが合う60~70cm先で十分です。
近視メガネの人は外して行う。
目を休めるストレッチになります。

 

ステップ2:寝る前に40度で10分間温めましょう

 

約40度の蒸しタオルで10分間、目を温めます。
遠視が強いほど疲れやすいので、夜、休めるのを忘れずに。
近視の人はOKでも、遠視の人が本を読みながら寝ると翌朝目が腫れやすい傾向が。

 

ファンケル えんきん